今週のじぃご飯♪

今週のじぃご飯♪

無人補給船「天舟1号」、キューブサットを投入




中国航天科技集団公司第五研究院が発表した情報によると、無人補給船「天舟1号」は1日、軌道上でキューブサットを投入した。さらに、地上スタッフがこのキューブサットの位置の特定に成功した。新華社が伝えた。


今回の試験で、中国は初めて宇宙船に軌道上でキューブサットを投入させ、非火工品装置の切り離し?キー解除技術、発射機?キューブサット間接続口マッチング技術、発射機製造の材料?技術保証技術の論証を網路行銷終えた。これにより宇宙ステーションでナノサットを打ち上げ、軌道上で稼働させる技術の基礎を固めた。


情報によると、このキューブサットは標準的な3U構造で、発射機内に搭載された。今年4月20日に天舟1号と共に打ち上げられ、軌道上で104日間保管されていた。同衛星の主要任務は、関連宇宙新技術の試験と検証だ。



斜め撮影デジタル航空カメラ、三峡ダムで初飛行


中国国土資源航空物探遥感センターが7日発表した情報によると、同センターが新たに導入した「AMC5011」斜め撮影デジタル航空カメラが三峡ダムで初飛行に成功し、三峡大寧河河口のデジタル画像1500枚以上を撮DPM枕頭影した。科技日報が伝えた。


斜め空撮は、斜め航空カメラを使い地形情報を入手する新しい空撮方法だ。斜め空撮は従来の垂直撮影と異なり、5台のカメラで同時に前後左右と下の画像データを入手する。利用者は複数の角度からデータを閲覧し、測定することができる。


同航空カメラは中国で初めて、1億画素数の大画面カメラ5台と高精度POSの空撮システムを集約した。これにより、1つの垂直、4つの斜めなど複数の角度からデジタル画像を入手できる。さらには地形表面と側面の模DPM價錢様情報を集め、その後のデータ処理により3D模型を生成でき、詳細な地質調査に新たな技術手段を提供する。