今週のじぃご飯♪

今週のじぃご飯♪

無人スーパー、興味深いハイテクを総まとめ


アリババグループが力を入れている無人スーパー「淘カフェ」が、さきごろ杭州市で開店したが、その他の都市でも無人スーパーが急成長している。2017年は中国の「無人販売元年」だという人もいるほどだ。それでは無人スーパーを支えるのは、どのような技術なのだろうか。北京日報が伝えた。


「無人販売」という概念は、米小売大手Amazonが昨年末に打ち出した、新型コンセプト小売店「Amazon Go」から生まれた。淘カフェもAmazon Goも、無人販売店は一種の無人店舗ソリューションプランで、自主廣州酒店感知・学習システム、目標追跡・分析システム、意図判断・取引システムを一体化させたモノのインターネット(IoT)技術を利用している。これらの技術はスーパーの警備員、店員、レジ係といった仕事を代行し、買い物の流れを実現させる。



淘カフェの店内では、生物的特徴に基づく自主感知・学習システムが使用されている。このシステムにより、開放的な空間内で消費者の身分を特定し、その生物的特徴とタオバオのIDを結びつけることができる。消費者がわざわざカメラを向く必要はなく、システムが生物的特徴によりその人だと正確に判断する。利用客が商品を選び、外に出るためドアを通過すると、センサーが商品コードを自動的にスキャンし、料金を計算する。さらに再び顔認証により本人であることを確認すると、支付宝(アリペイ)の口座から料金を引き落とす。この全過程を数秒で完了させる。


顔認証技術は人の顔の特徴に基づき、入力された顔画像もしくは動画に対して、人工知能(AI)認証を行う技術だ。まずは人の顔の有無を判断し、さらに顔の位置や大きさ、顔の主要器官の位置情報を入手する。それからこれらの情報に基づき、すべての顔に含まれる特徴を抽出し、すでに入力されている顔画像と比較対照することで、人々の身分を特定する。



RFIDタグは無線周波識別技術を利用する。無人スーパー内の全商品にRFIDタグをつけ、視覚センサーや圧力センサーなどの技泰國旅行團術を利用し、無線周波数信号により目標を自動認識し、関連データを入手する。非接触型の自動識別を行い、商品の販売を完了する。


RFIDは成熟した割安なソリューションプランだ。小売大手のウォルマートも類似技術を活用し、サプライチェーンの管理効率を高めている。利用客が店を出ると、センサーはRFIDタグをスキャンし、消費者が購入した商品を再確認すると同時に、利用客の口座から自動的に料金を引き落とす。


利用客が携帯電話でスキャンすれば、ドアが開き、店内に入り、自由に商品を選ぶことができる。店を出る前に「決済ゲート」を通過し、数秒で決済を完了する。これがIoT決済技術だ。


動画監視スマート感知技術は店内の安全を保障する。さらに経営者は利用客の消費行為を記録し、消費データと照合することでおススメ商品の推薦を行うことできる。


このように全デジタル化された買い物体験において、会員、マーケティング、サプライチェーンが一本化される。店は非常に鮮明なユーザー画像を入手できる。どの棚の前で最も長く立ち止まったか、毎日どの時消毒噴霧
間帯にどの商品が最も良く売れるか、手に取った後に良く戻される商品はどれか。これらのビッグデータと技術を結びつけることで、店はより合理的かつ正確に商品と棚の管理を行い、消費者により優れたサービスを提供できる。