今週のじぃご飯♪

今週のじぃご飯♪

なぜECGを繰り返し行う必要があるのですか?


心電図は、基本的に心臓の状態を判断するための心臓の不規則性に適しています。心臓の不快感を繰り返している場合、病院の医師は複数のECGを要求するため、患者は非常に奇妙に感じます。実際、場合によっては、ECGを繰り返すと状態を判断するのに役立つことがあります。
なぜ時々ECGを繰り返し行う必要があるのですか?
現在の検査のほとんどは即時であり、その時点での体調のみを反映することができ、心電図はその1つであるためです。あらゆる種類の心臓病は急速に変化し、最初の1分と次の1分で変化します。心電図は、特定の期間内の現在の心臓の状態のみを反映できます。患者に新たな症状や悪化した症状がある場合、以前のECGの結果を判断できないため、ECGを再撮影する必要があります。
特に不整脈。不整脈は心電図で直接診断できますが、急いで出入りし、発症時に痕跡しかとらえられない場合もあります。また、胸部圧迫感が多い患者さんの中には、検査中に症状が消えたり緩和したりすることもあり、検査結果は正常ですが、複数回の検査でしか正確に判断できません。したがって、心電図はさまざまな時期の病気の診断と治療において決定的な役割を果たします。医師は治療計画を立て、病気に応じてさまざまな薬を採用することができます。
心電図を作成するときに注意すべき点は何ですか?
1つ、リラックスしてください。
検査の30分前に静かにして、心拍が正常に戻り、気分が安定するようにして、速い心拍が検査結果に影響を与えないようにします。
2つ目は、医師と連絡をとらないことです。
医師とのコミュニケーションは、医師の注意をそらし、検査中に診断を見逃し、検査後に1つずつ医師に相談します。医師と連絡を取るときは、心拍数の速い鼓動を避けてください。結果に影響します。
3つ目は、食事全体を確認してください。
断食は、人々に不快感を与えたり、低血糖やめまいを起こしやすくする可能性があります。この場合、心拍数が増加し、心電図が検査​​結果に影響を与えます。そのため、食事の30分後にチェックすると、体が元気になり、チェックの難しさが軽減されます。
4、振らないでください。
筋肉をリラックスさせ、穏やかに呼吸し、あらゆる種類の身体活動を避け、ワイヤーの揺れが検査結果に干渉しないようにします。パーキンソン病の患者など、特別な状況では不安定です。悪寒など。 、家族は患者を静止させ、スムーズにチェックするために手と足を保持する必要があります。
心電図は心臓の基本的な検査ですが、主に生体電流による心臓の状態を反映していますが、万能薬ではありません。心臓の状態を完全に評価するには、他の心臓検査と協力する必要があります。さまざまな検査に協力して心臓の状態を包括的に評価し、医師が包括的な分析を行って最も正確な結論を導き出すことによってのみ、最も正確な治療を行うことができます。



精選文章:



ホルター検査の役割と注意事項
心髒不適做心電圖?三種不同的心電圖,哪一種更好?
哪些病人需要做心電圖?做心電圖要注意什么安全事項!