今週のじぃご飯♪

今週のじぃご飯♪

みずから国防相を兼任し

戦中、戦後にジャーナリストとして活躍した大宅壮一氏の言葉に
「美しく死ぬことは易しい。美しく老い瑪姬美容 去印ることは難しい。」
というのがある。
確かに、老いるということと、美しさとは相反する要素を含んでいるいるように見える。



歳をとると、つい、毒舌を吐いたり、愚痴をこぼしたり、
美しく老いるということは、至難の業のようだ。
イギリスのチャーチルと言えば、首相として第二次世界大戦の戦中、戦後を築いた人物として評価が高い。


通常、没した後には、意識も薄れ、人気もなくなって行くものだが、
2002年にBBCが行った「偉大瑪姬美容暗瘡な英国人」投票でチャーチルは、堂々の第1位の栄誉を得ている。
彼が首相になった時は、すでに第2次世界大戦に突入し、イギリスは、かなりの危機に直面していた時だった。
彼には、軍を率いた経験などなかったが、首相になるとともに、
陸海空の軍隊を直接指揮する形をとって『挙国一致内閣』を率いて戦時指導にあたった。
危機に際し、先頭に立ち、国民を鼓舞し、労苦もいとわずに陣頭指揮を行なう。



それが、『挙国一致』をもたらし、国難や危機に瀕した時に、取るべき態度である。
国民が願う理想の宰相とは、そんなPretty renew 美容ものだと思う。
チャーチルは、まさに、国民の英雄的存在だった。
だけども、それを行なったチャーチル、晩年期は、どうも毒舌オヤジだったようだ。
そして、最期の言葉として残されているのが、
だった。
ヒーローだった彼さえも、美しい老人になれなかったことを物語っている言葉だろう。