今週のじぃご飯♪

今週のじぃご飯♪

て現われたものである

今日一日、怒らず、恐れず、悲しまず!
人間は天が、すなわち宇宙が形となっ


したがって、その心は常に「清く、明るく、美しく」あることが
当然である。
天は間違いも、失望も、汚れもない。天が大事な人間に、つ
まらないものを押しつけてくるはずがない。が、実際には人間
の心にはさまざまな汚れ付着している。なぜそんなことになっ
ているんだろう。
すがすがしい朝霧の中から天風の声が聞こえる。
「心本来の姿は、八面玲瓏(れいろう)、磨ける鏡の如し」
そう言いながら天風が姿を現す。


「生まれたままの人間は、丹念に磨き上げ、薄絹でそつと包んだ
玉のように美しい。それが社会にもまれている時間に汚れたり、
歪んだりしてしまうのだ。そんな汚れを除き去れば、もとの美しさ
を取り戻し、天から与えられた本来の神秘な力を発揮することがで
きるのだ。
汚れのもとになるのが怒りや恐れだ。これらを一切相手にして
はいけない。それには、


「今日一日、怒らず、恐れず、悲しまず」


という心構えを持ち続けることだ。そうすれば、正真正銘の清ら
かな心の世界を保つことができる。
それができるかできないか、それによって自分の運命をよくも悪く
もする。つまり、は、自分の責任だよ」


自分の心はいつも自分で清らかにしておかなければならない。
清らかな心はそのまま天の心と同じである。健康も仕事も、天
の命ずるままに快調に進めることができる。心を清らかにしておく
ためにいちばん有効な方法は何か。それは、自分の前に現われ
た事柄を一切合財無条件で感謝してしまうことである。